概要

デジタルであなたの会社はもっと強くなる

  • RITのDXコンサルティングサービスは、デジタル化対象の診断から実行まで一貫してサポートします。
  • デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、経済産業省によると以下のように定義されています。
企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データやデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

RITでは 「IT(データやデジタル技術)を利用して、業務を改善したり、新たなビジネスを生み出すこと」 という定義しています。

  • 2025年の崖
    • 経済産業省は、既存システムやデータのブラックボックス化が解消出来ない場合、2025年以降、最大12兆円/年の経済損失が発生する可能性があると報告しています。
    • 一方でデジタル化の恩恵には非常に高い期待感が寄せられており、ポジティブなシナリオによれば、実質GDPを130兆円超押し上げることが可能であることも予測されています。
  • 何から始めれば良いかわからない
    • 企業内にIT部門が無かったり、大きな予算が取れない企業様も数多くいらっしゃるのが現状です。
    • 今の世の中には便利なクラウドサービスが無償や大変安価で提供されていることも多々ありますので、デジタルの知見を豊富に持つ当社にお気軽にご相談ください。

特徴

診断~改善までワンストップ

経済産業省のガイドラインを元にカスタマイズした独自の診断サービスと改善提案をセットで提供します。

豊富なサービス導入実績

営業・マーケティング・人事・経理・法務・ITなど様々な業務でのクラウドサービスの導入実績あります。

最先端のAI技術への知見

機械学習やディープラーニングなどを利用したより高度なシステムの導入支援可能です。

スクラッチ開発にも対応可能

既存のクラウドサービスでは充足できないような業務でもスクラッチでオリジナルシステムを開発可能です。

どのように行うのか?

まず、貴社の中でどの領域からデジタル化を進めていくべきか診断を行います。

診断領域は単一の部門レベルから全社レベルまで柔軟に設定可能です。

診断では以下のような観点で領域が特定できます。

  • デジタル化可能な既存事業
  • 新規事業としてのデジタルビジネス
  • 顧客管理プロセスのデジタル化
  • バックオフィス(経理・人事・法務)業務のデジタル化、等

その後、領域ごとに導入可能な製品・サービスをピックアップして、費用対効果を算出します。(RITでのスクラッチ開発も対応可能です。)

そして、導入支援・業務フロー策定・運用/改善/展開まで支援させていただきます。

フロー

Step1
デジタルアセスメント

診断サービスを利用して、貴社のデジタル化すべき領域を特定します。

Step2
ソリューション定義・
費用対効果算出

領域ごとに適切なソリューションを調査・定義します。

Step3
導入・カスタマイズ支援

ソリューションの導入やカスタマイズの支援、新業務フローの整備などを行います。

Step4
運用・展開支援

運用・改善を繰り返しながら、展開範囲を広げていきます。

資料ダウンロード

Loading...

一緒にチャレンジしませんか?

RITは「チャレンジが称賛される世の中をつくる」をビジョンに クライアントやメンバーの想いをカタチにしていきます。