dummy

初めての新規事業開発でなかなか踏み出せなかった第一歩。RITの提案したモックで開けた方向性

「チームマネジメントをサポートする『hanaseru(ハナセル)』の大きな特徴の一つとして、キャリアコンサルタントによる1on1があることです。直接話が聞けることは、深くてクリティカルなものが見えてプラスになります。1on1があるからこそ、レポートの質が深まると考えています。」そう語るのは、パーソルイノベーション株式会社インキュベーション推進統括部hanaseruユニット冨永佑介氏だ。

多様化する働き方のなかで、マネージャーの力量に頼るのではなく、データを活用することでチームや部下の抱える問題を解決するチームマネジメント変革サービス『hanaseru(ハナセル)』は、パーソルイノベーション株式会社が行っている新規事業開発プログラム『Drit(ドリット)』から誕生した。事業化にあたり社内で冨永氏が作成したツールを使用した実証実験を行っていたが、今後hanaseruを社外に提供することを考えた時、簡易なものであっても開発は必要だという結論に至り、開発会社を探す流れになったという。

hanaseru

開発会社探しは難航。3歩先の提案ばかりで足元が見えない。

IT企画をメインにキャリアを積んできた冨永氏にとって、hanaseruのような新規事業開発は初めての経験であったという。すでに走っているシステムの改修プロジェクトの経験はあるが、開発をゼロから企画して要件定義からすべてを基本設計する経験がないために、開発のイメージがつかないという不安を抱えており、そのなかでの開発会社探しは、簡単に事が運ばなかったという。その理由を冨永氏は次のように語る。

「新規事業ゆえに完全なる要件定義ができないのです。要件がふわっとしている部分やしっかりと決め切れないところ、ちょっと作ってみないと分からないところなどがたくさんありました。こちら側の要件も決まり切っていない、かつ期限的なリミットや予算の問題もあって、当然“難しいです”とお断りされる会社さんもありました。一番困ったのは、“作れます!作った後、もっとこうやったら発展しますよね”と、先々の提案をいただくことが多かったことです。先の提案をいただいても、そもそも創るもののイメージがわいていない、足元が見えない状態なので依頼に踏み切れなかったのです。」

もちろん先行く提案の中にはやってみたいと思うものもあったが、経験がないゆえの不安や、要件が決まりきっていないことから、自分の中で開発のイメージが固まらず依頼への一歩を踏み出せなかったという。しかし難航していた開発会社探しも、RITが起こしたあることが冨永氏の背中を後押ししたという。

「こちらの要望がまだふわっとしていたり、伝え方がうまくなかったという所もあったのですが、この金額でこんな機能を入れられますと提案書を見せられても、イメージがわかないのです。どんなものが出来上がってくるか見てみたいと思っていた時に、RITさんに要件や条件をいろいろヒアリングしていただいて。そしてまだ発注前にも関わらず、提案の段階でこういうイメージですよねと、AdobeXDでモックを創ってきてくれたことが、RITさんに開発を依頼する一番の決め手になりました。」

「こちらの要望がまだふわっとしていたり、伝え方がうまくなかったという所もあったのですが、この金額でこんな機能を入れられますと提案書を見せられても、イメージがわかないのです。どんなものが出来上がってくるか見てみたいと思っていた時に、RITさんに要件や条件をいろいろヒアリングしていただいて。そしてまだ発注前にも関わらず、提案の段階でこういうイメージですよねと、AdobeXDでモックを創ってきてくれたことが、RITさんに開発を依頼する一番の決め手になりました。」

インキュベーション推進統括部hanaseruユニット 冨永佑介氏 の写真
インキュベーション推進統括部hanaseruユニット 冨永佑介氏

言われたことをやるのではなく会話を重ねることで機能が洗練。

開発が進むなかでの機能の絞り込みについても、パーソルとRITの間で会話が生まれたことが大きかったと冨永氏は振り返る。単に要望を聞いて、“言われた通りにします。でもその場合Aの機能は弾かれます”と機械的な対応ではなく、なぜその機能が必要なのかを一言RITサイドから聞かれることによって、RIT側に理由を説明しながらも本当に必要なのかと、内部で再考する機会を持つことで機能が洗練されたという。加えてユーザビリティーの観点について冨永氏は次のように語る。

「大きかったのはユーザビリティーの面です。システム的な機能に関しては、考えればこの機能は必要か必要ではないかの判断がつきますが、ユーザービリティ―となると、知見がない、経験がない、デザイナーでもないとなると、なんとなくこっちの方がよくない?と感覚っぽいことしか言えない。でも、ボタン一つにとっても意味があることをご意見ご提案いただいたというところはとてもありがたかったです。」

さらに、個人情報や心や体の健康面というセンシティブな情報を扱うシステムということや、パーソルグループのような大手企業の高いセキュリティレベルに合わせた開発についても、

「セキュリティに関してご尽力いただきました。こちらのルールにのっとっていただけて。一般的にただの機能をつくるだけであれば、作って終わりのところを、どのゲートをどうする、セキュリティーポートどうする、など所定のチェックリストに沿って作っていただきました。特にありがたかったところとしては、パーソルグループ全体のITを統括しているセクションがありまして、我々hanaseruを通してその部門とRITさんが直で会話するっていう場を設けまして、設計上必要なセキュリティに関する会社の方針やルールなどについて直接会話していただいたというところですね」と冨永氏は語る。

短納期で要件自体が完全に固まりきっていないなかでスタートし、かつ途中の要望変更や認識のずれが生じたものの、納期に間に合うよう機能自体を完全に作り切って、大きなバグもなくうまく動いているというのは、パーソル社サイドにRITが入り込んできてくれたからだと冨永氏は言う。現在も追加開発が続いているが、hanaseru事業拡張をしていきたい、導入側も運営側も負荷なく利用できるシステムでありたい、という冨永氏の想いをRITとしてもサポートしていきたい。

hanaseru

※撮影時のみマスクを外しております。

プロジェクト概要

クライアント名

パーソルイノベーション株式会社

PJカテゴリ
新規事業企画支援デザイン開発
URLhttps://www.hanaseru.jp/

プロジェクトメンバー

長田 逸平

長田 逸平

ディレクター

浜田 和明

浜田 和明

エンジニア

関 亮輔

関 亮輔

エンジニア

窪内 慎吾

窪内 慎吾

デザイナー

一緒にチャレンジしませんか?

RITは「チャレンジが称賛される世の中をつくる」をビジョンに クライアントやメンバーの想いをカタチにしていきます。